ブログ

売り手の心を動かして指値で不動産を買う 普通の人がやらない方法

投稿日:

物件を安く購入する為には、 受け身で情報提供されるのを待つだけではダメ.

指値交渉が通り易い物件を探す事が大切な要素です。

ということを、お伝えしました。

理想の利回りを得るためのポイント

融資を受けて行う不動産投資は当然のことながら、苦しさを抱えるためのものではありませんよね。   なんのために融資を受けて(負債を抱えて)不動産投資を行うのかといえば、余裕や安心を作るため。 ...

続きを見る

 

でも、売主の弱みに付け込むようでなんだかなぁ・・・

という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

 

売主が物件を手放したい理由を考える

通常不動産の売買は、

売主(物件オーナー)が自分が売りたいと思う価格を不動産業者に提出し、買主(投資家)はその妥当性や合理性、資金の都合などを判断材料にその価格に納得すれば、買付申込書を不動産業者を通じて売主に提出します。

 

そこで何もなければ売買が成立するわけですが、投資家としては少しでも安く手に入れたいのが本当のところですよね。

 

もちろん、売主だって1円でも高く売りたいのが本音です。

しかも、不動産業者を間に挟んだ売買では、売り手の事情や気持ちが買い手に正確に届くことなく、また買い手の思いも売り手に伝わることはありません。

 

杓子定規に淡々と進んでいくのが通常です。

 

でも、手放してしまう理由や事情によっては売主は相場以上の値下げに応じてくれることも少なくありません。

 

買付申込書は自分で作成できる場合も

投資用物件であっても、普通は不動産には少なからずオーナーの思い入れが入るもの。

指値を入れる(値引きをお願いする)時は特に、売主の事情に配慮したいものです。

 

その方法の一つとして、

買付申込書を自分で作って、業者の用意するものにはない「コメント欄」を設けることもできます。

 

そのコメント欄に、

・指値を入れたことを詫びる

・売主が手放す事情に配慮した言葉を入れる

・指値を入れた理由を書く(修繕費がかかることなど)

・売主が守ってきた物件を今後も大切に引き継がせてもらい、今後もたまに見にくるなどして欲しい旨(ウソでも)記す

 

などしても良いのです。

 

それくらいのことをすれば、相手も人間。

気持ちよく指値に応じてくれることも少なくありません。

 

また、可能であれば現金を多めに入れるなどすれば、時に、相場以上の値引きを引き出すことも可能です。

 

 

大切なことは不動産業者に任せっきりにしないこと。

売主の心に配慮した買主は、思わぬ好条件を引き出すことも可能です。

 

どんな場合の最後はアナログ。

人と人との取引です。

 

不動産投資の情報勝者に立つコミュニティ

不動産投資において、あなたは情報格差を感じませんか?

もし感じないとしたら、それは知らないだけ。

その時点で「下位側」と言えます。

 

一般に入手できる情報よりも、3割も安い情報を手にできる立場。

特権階級の人でなくとも、情報格差を意識し常に対策を模索する人は、格差の下位へ落ちていく蟻地獄から抜け出して、情報勝者になることができる道があるのですが、その道こそ、「情報勝者のコミュニティ」です。

 

不動産投資について、意欲があり意識が高い人が集まるコミュニティ。

あなたもそこに入って、情報勝者になりませんか?

 

情報勝者のコミュニティ

本当に安い不動産ってあると思いますか? 本当に儲かる話ってあると思いますか? 本当に成功を収められる情報ってあると思いますか?   成功者が成功者たる由縁 あなたはこの情報化社会に、情報の格 ...

続きを見る

 

情報勝者の不動産コミュニティ

-ブログ

Copyright© 情報勝者の不動産投資 , 2019 All Rights Reserved.