ブログ

情報勝者の不動産投資コミュニティづくり

更新日:

実は世の中は考える以上に格差があり、情報の入らない人たちは本当に貧弱な情報にしか触れることができません。

しかもその問題の本質は、本人がそれを意識できていないこと。

自分が貧弱な情報にしか触れていないということを、知らないということです。

 

反対に、一部の特権階級やお金持ちの所には驚くような良質な情報が入ってきます。

そして、良い情報が来るから益々お金持ちになり、格差がさらに広がっていくのです。

 

かくしてお金持ちは「情報」にプラスして「エネルギー」や「運」によって、お金持ちであり続けることができるというわけです。

大げさなこと・・・と思うかもしれません。

でも、これは決して大げさなことではないのです。
 

別の言い方で、

「自分のレベルに応じた情報にしかこない」

と言いますが、コミュニティに属するとそのメンバーに自分以上の人がいた場合、その人が情報を共有してくれる可能性が高まります。

 

それにはもちろん前提条件があって、コミュニティが正常に機能し、メンバー同士の人間関係が良好に保たれていることが重要です。

 

コミュニティを作りたい。

その思いの裏側に、自分以上のレベルの情報を手にしたいという思いもあります。

そして、

自分も持てる情報をコミュニティ内で共有し、もし役立てていただけるものならそうしていただきたいという思いもあります。

「提供し、受け取る。」

 

こんな関係を築けるコミュニティメンバーの関係性を、期待しています。

 

そこで、謙虚な人はこう言います。

「私には何も提供できるものなんてない」

でも、そんなことは絶対にありえません。
 
先ほどから「レベル」という言葉を使っていますが、ある人がある人に対し、全てにおいて上位である・・・ ということは、絶対にありえません。

レベルとは、その人の全てを表すわけではなく、その時、その瞬間の位置を表現するだけにすぎないのです。
 
だから、コミュニティ内では積極的に情報を開示・提供していただけたらいいなと思いますし、そういう雰囲気づくりにも
取り組んでいきたいと思っています。

いい情報をもらった人たちは、何かをお返ししたいと思うもの(好意の返報性といいます)

 

 

不動産投資において、業者と投資家の間に格差がありすぎる。

まずは情報で投資を有利に進めていく。

 

そのためには優良なメンバーが揃うコミュニティを作り、そこに情報を呼び込む仕組みが必要です。

そんなコミュニティ作りをしていこうと考えています。

【事前参加】情報勝者の不動産投資コミュニティ

-ブログ

Copyright© 情報勝者の不動産投資 , 2019 All Rights Reserved.