情報勝者になるために 2通りの情報ビークル活用法

情報勝者になる方法は、大きく分けて2つあります。

 

ひとつは

①ビークルの創業者となり、ビジネスとしてこの分野に取り組む方法

この方法に向いている人

  • 仕事を探している人
  • 資金よりもやる気が勝っている人
  • それなりに時間を使える人

 

ひとつは

②ビークルの構成員として参加し、事業や投資にのみ参画する方法

この方法に向いている人

  • 資金力がある
  • 良い情報と良い案件のみ入手したいと考えている
  • 安定した仕事・事業を持っているので時間がない

 

です。

 

ビジネスに資金を調達したい時

事業を行う上で大切なものは?と言われると、一番上位に来そうなのは「資金」ですよね。

 

資金さえ調達することができれば成長するはずの素晴らしい事業が、「資金繰り」の問題で撤退しているというのも事実。

「資金さえあれば・・・」という話は、数多くあります。

 

その資金調達の方法としても情報ビークルは、実効性を伴ったスキームとなり得ます。

 

資金調達の方法

資金調達をしたければ、「合同会社スキームに乗せて、自社募集」という形であれば公募もできますので、どんどん投資家を募集すべきです。

 

「資金調達したい」という方は、

 

  1. あなたが現在個人事業主でなく、法人であった場合は、新しい合同会社を会社ごと「法人執行社員」に就任する形で設立します。
  2. あなたの法人は、代表社員でもOKです。(会社自体が他社の役員になれます。つまり従業員が合同会社の社員を兼務して資金調達できるのです)
  3. あなたの会社と、新しい合同会社で役割分担を行い、その内容を業務提携契約などにまとめておきます。
  4. あなたは、新しい合同会社で職務執行者という登録をします。(どこかに届け出るわけでなく、合同会社から辞令を出せばOKです)
  5. 業務提携契約で、新しい合同会社の役割分担と決めた業務を「特定の事業」と定めて、職務執行者であるあなたは、社員募集を行います。
  6. 新しい合同会社にて特例業務の申請を行います。
  7. 必要に応じて、その特定事業のためのファンドを合同会社で組成します。
  8. 社員にそのファンドの組成に関する諾否を照会します。
  9. 社員でファンドに参加したい人は一般投資家に先んじて投資に参加させます。
  10. 合同会社又はファンドに集まった資金で、あなたの会社の事業を発展させていき、収益をパススルー税務で社員に還元していきます。

このような方法で資金収集することが、近年最も容易い資金調達術です。

 

優良な投資案件に巡り会いたい

なかなか優良な投資案件に出会えず、ハズレを引き続けている人がいるのも事実です。

 

このような人は、合同会社に入って優良な案件に触れてみることが良い経験になると思います。

 

個人で投資案件に向き合い、調べ、決断するよりも、合同会社のような最大499人もの組織の中でみんなで考えてものは、より正解に近づきます。

 

どっちがお好みですか?

情報勝者になるためのビークル 2つの活用法について書きました。

 

ひとつは

ビークルの創業者となって発信する

 

もう一つは

ビークルの構成員となって案件に参加する

 

です。

 

これらどちらの方法も、

「じゃあ一体、どうやって・・・?」 という具体的な方法は、わたしの情報ビークルで発信させていただきます。

 

ビークルの具体的な活用の方法を知りたい方は、こちらからご登録ください。

【事前参加】情報勝者のビークル

投稿日:

Copyright© 情報勝者の不動産投資 , 2019 All Rights Reserved.