ブログ

「いい条件」は舐められている証拠

更新日:

昔に比べれば株式投資やFX、仮想通貨など、一般の人が投資に参加できる幾何は格段に増えました。

そんな中でも不動産投資は「王道」ですし、投資の中でも不動産だからこそ味わえる醍醐味があります。

 

銀行融資がつく投資なんて、不動産以外にあまりないですからね!

 

業者の言いなりにならないこと

1,000万円の余裕資金が手元にあったとしたら、それを活用して増やすために、一体何に投資しますか?

 

99%が詐欺か、経営力不足で倒産する私募ファンド案件。

運営そのものがインチキで、内部で丸め込まれて飛ばされたり、勝っても口座からお金が引き出せなかったりするFXや仮想通貨などは論外です。

最近ではICOなんていうのもほとんど詐欺的ですね。

 

日本国内で着実な投資ということであれば、固い案件としての不動産物件。

1,000万円の中古ワンルームマンションなどを選択する人も多いのではないでしょうか?

 

また、1000万円を頭金として新築ワンルームを購入する人もたくさんいるでしょう。

 

ワンルームマンション? うそぉ・・・?と、私なんかは思うのですが、不動産投資セミナーは常に活況だとよく聞きます。

 

不動産投資をする際、年間期待利回り6%くらいであれば、まぁ満足のいくレベル。

 

6%と言えば、

仮に元手1000万の場合、年間家賃が60万円、月にすると家賃収入は5万円。

 

投資としては、まぁまぁですよね。

 

でも現実的な話、1,000万円の中古ワンルームマンション投資で、

・年間期待利回り6%
・家賃60万円
・毎月の家賃収入5万円

というのは、全てが平穏無事で、何事も問題が起こらなかった場合の超理想的なレアケース。

 

人、モノ、カネが動くこの現実社会で全てが平穏無事なままというのは奇跡に等しいですよね。

 

不動産投資には、素人が見分けることのできない様々なことがあります。

 

ほんの一例を挙げてみると・・・

  • 耐震基準が旧耐震の物件で地震の後に建物にヒビが入ってしまい、売却しようとしても旧耐震基準のため再び売却できない。(イグジットできない)
  • 管理会社自体が手数料だけを取る名ばかりの管理で、共有スペースや部屋の外も滅茶苦茶で、部屋にも複数の人が出入りしていた。
  • 購入後賃貸に出した自分の物件を見に行くと表札がお店のような名前になっていて、調べたところ風俗店だった・・・などの入居者問題。
  • 購入直後に管理会社から修繕費として高額のお金を請求され、確認したところ購入した物件は、キチンとした修繕計画がなされていなく、大規模修繕を行うにあたり必要となる修繕費の積み立てがまったく足りていなかった。
  • 駅近でスーパーも近く賃貸付けも見込みが立つので物件を購入。見込み通りに入居者はあったが、やがて家賃滞納が頻繁になり最終的には滞納分を支払うこと無く夜逃げ。裁判を起こしたものの結局のところないところからは取れず、どうしようもなく・・・
  • 営業マンにサブリース契約がついているからと勧められて安心して購入。契約書を確認したらサブリースの契約内容が自動的に解除される内容が、一節だけ入っていた。当然、販売会社に抗議しても購入後なので無駄だった。
  • 空室保証の無い物件だったが、不動産会社が「募集に強いし立地も良いので必ず埋まります!」との力強い言葉で物件購入。けれども実際は入居者が決まらなかった。不動産会社にクレーム入れても、「申し訳ありません。頑張ります!」としか言われない。
  • 購入した中古物件の物件価格も安かったが、家賃も安い。入居者の質も悪いことが多いようだ。マナーの悪さ、夜中の騒音、夫婦喧嘩、ペットもルール違反でコッソリ飼っていて、退去時に50万円もリフォーム代がかかった。など。

既に長く不動産投資を営んでいる人であればこうした問題を回避する術も、「落とし穴」にはまらないための勘も備わっていますが、不動産投資をはじめたばかりの素人には見えません。

 

一番危険なことは、業者の話を鵜呑みにしてしまうことです。

 

最初に知っていれば買わなかった

1,000万円の投資で毎月5万円の家賃収入を稼ぐためには、乗り越えなければならない物凄く沢山のハードルがありますが・・・

 

最初に知っていれば・・・ と、不動産物件を購入した後で絶望的な後悔と共に、思い知らされることになりかねません。

百戦錬磨の猛者たちがひしめく壮絶な不動産投資の市場の中、なかなか「ベテラン」と言えども良い条件で優良な投資用不動産物件を
探し当て、購入できるわけではありません。

 

そもそも「情報格差」がある中で自分に優良な情報がやってくると思うこと自体が「敗者」であると言えるかもしれません。

 

99%もの確率で、上に書いたような問題だらけの不動産物件を、あたかも「あなたにぴったりのとっておきの優良物件」のように
思わされて、「つかまされる」ことになります。

 

ワンルーム不動産物件で、

・年間期待利回り6%
・税金対策になりますよ!
・年金対策にもぴったりです!

こんな情報を不動産業者に見せられた時点で舐められている。

 

それに気づかず業者の営業マン・営業ウーマンの爽やかでかわいい笑顔や親身な態度に乗せられた時点で、「負け」が確定しています。

 

不動産投資慣れしていないからコミュニティに参加するのは気後れする。

むしろそんな人にこそ参加して情報勝者になっていただきたいと思っています。

 

不動産投資の情報勝者に立つコミュニティ

不動産投資において、あなたは情報格差を感じませんか?

もし感じないとしたら、それは知らないだけ。

その時点で「下位側」と言えます。

 

一般に入手できる情報よりも、3割も安い情報を手にできる立場。

特権階級の人でなくとも、情報格差を意識し常に対策を模索する人は、格差の下位へ落ちていく蟻地獄から抜け出して、情報勝者になることができる道があるのですが、その道こそ、「情報勝者のコミュニティ」です。

 

不動産投資について、意欲があり意識が高い人が集まるコミュニティ。

あなたもそこに入って、情報勝者になりませんか?

 

情報勝者のコミュニティ

本当に安い不動産ってあると思いますか? 本当に儲かる話ってあると思いますか? 本当に成功を収められる情報ってあると思いますか?   成功者が成功者たる由縁 あなたはこの情報化社会に、情報の格 ...

続きを見る

 

情報勝者の不動産コミュニティ

 

-ブログ

Copyright© 情報勝者の不動産投資 , 2019 All Rights Reserved.