情報ビークル

多くの人と優良な情報を共有するために必要なこと

投稿日:

実は、考える以上に格差があり、情報の入らない人たちは本当に貧弱な情報にしか触れることができません。

しかもその問題の本質は、

  • 弱者がそれを意識できていないこと
  • 自分が貧弱な情報にしか触れていない

ということを知らないということです。

反対に、一部の特権階級やお金持ちの所には、驚くような良質な情報が入ってきます。

 

そして、
良い情報が来るから益々お金持ちになり、格差がさらに広がっていくのです。

また、お金持ちは「情報」にプラスして「良質な人間関係」を持つことができます。

 

そして「エネルギー」や「運」によって、お金持ちであり続けることができるというわけです。

 

大げさなこと・・・と思うかもしれません。

でも
これは決して大げさなことではないのです。

 

別の言い方で、よく「自分のレベルに応じた情報にしかこない」と言いますが、良質なコミュニティに属するとそのメンバーに自分以上の人がいた場合、その人が情報を共有してくれる可能性が高まります。

 

それはもちろん、コミュニティが正常に機能し、メンバー同士の人間関係が良好に保たれていることが前提です。

 

情報を共有するコミュニティである合同会社を作る。

 

それは、良質な情報を共有するために「法的に」必要なことですが、その思いに並行して、自分以上のレベルの情報を手にしたい、そしてより多くの人たちと優良な情報を共有し、自分が思い描く人生を歩んで欲しいという思いもあります。

 

優良な情報が入らない理由

情報下位には優良な情報が入りません。

その理由は、実はお金にまつわる情報を広告するときに関わってくる法律のせいです。

その法律は通称「50人ルール」と言われるものです。

49人より多い人数に「声をかける」にはどうしたらよいか

情報格差の下位側にいる場合、入ってくる情報はいつも「詐欺的なもの」になりがちです。   なぜなら、法律によって投資案件を「告知できる人数」が決められているからです。 告知できる人数が決まって ...

続きを見る

 

合法的に「50人ルール」をクリアし、出来るだけたくさんの人に優良な情報を届ける方法はないのか・・・

それを考えたときに、情報勝者のコミュニティとして「合同会社」を活用することにしました。

ぜひ多くの人にご参加いただきたいと思っていますが、具体的な参加方法は準備がもう少し整い次第、お伝えできたらいいなと思っています。

-情報ビークル

Copyright© 情報勝者の不動産投資 , 2019 All Rights Reserved.